立川市の耳鼻咽喉科

松田クリニック

お知らせ

news

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査と治療を始めました

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査と治療を始めました
SASの原因
睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査と治療を始めました
各疾患におけるSAS合併の割合
睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査と治療を始めました
睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査と治療を始めました
睡眠時無呼吸症候群によく見られる症状

私たちにとって「睡眠」は日中の活動で疲れた身体や脳を休ませるというとても重要な役割を担っており、質の良い睡眠をとることが私たちの生活を支えています。しかし、多くの人が睡眠に問題を抱えており、睡眠を妨げる要因のひとつとして「睡眠時無呼吸症候群」があります。
睡眠時無呼吸症候群とは、その名の通り睡眠中に呼吸が止まってしまう病気で、SAS(Sleep Apnea Syndrome)とも呼ばれています。睡眠中に呼吸が10秒以上止まり、この状態が一晩に30回以上、または1時間あたり5回以上あると睡眠時無呼吸症候群(SAS)となります。
 
◆SASの原因
その原因の1つは、肥満により首回りやあご、気道内部などに脂肪がたまり、空気が通る気道を圧迫してしまうというものです。睡眠時無呼吸症候群のほとんどはこれが原因で発生します。
他にも扁桃が肥大している、あごが小さい、アレルギーなどで鼻が詰まりやすい、アルコールの摂取や加齢による筋肉の緩みでのどが塞がりやすくなる等が考えられます。
 
SASによる睡眠中の低酸素状態は、肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病と密接な関係があり、様々な合併症を高率に引き起こすことが報告されています。合併症は多岐にわたり、高血圧、不整脈、虚血性心疾患、心不全、脳卒中、夜間突然死、糖尿病、うつ、認知症、EDなどが代表的なものとして上げられます。
米国の調査では、健常人と比べSAS患者さんでは高血圧は2倍、虚血性心疾患は3倍、脳卒中は4倍、糖尿病は1.5倍発症する可能性が高いと報告されています。
 
1.Nieto FJ,Young TB,Lind BK.JAMA 2000;283:1829-1836
2.Mooe T, Rabben T, Wiklund U.Chest 1996;109:569-663
3.Bassetti C, Aldrich MS.Sleep 1999;22:217-223
4.Punjabi NM, Shahar E, Redline S.Am J Epidemiol 2004;160:521-530
 
このようなことでお困りの方やご家族、ご友人はいらっしゃいませんか?
・いびきがひどい
・睡眠中に呼吸が止まる
・夜中に何度もトイレに起きる
・憂うつな気分がつづいている
・起床時に頭痛がする
・起床時に疲れを感じる
・昼間に強い眠気やだるさに襲われる
・居眠りで交通事故を起こしかけた
 
睡眠時無呼吸症候群によく見られる症状です。
思いあたる項目のある場合は当院へご相談ください。
 
 
ゾーン株式会社様のサイトから引用しています。

PCサイトへ